37歳既婚男性営業職の愛人体験

私は営業職をしています。
営業の外回りは結構空き時間が多いので、パチンコいったり、パチンコで買った金があれば、空き時間に風俗行ったりします。
最近は携帯電話の出会い系サイト、ワクワクメールで愛人を見つけたので、仕事中に愛人たくによくいきます。
出会い系も営業の空き時間にやっていたら、結構すぐに見付かりました。
ワクワクメールは地域別で相手を探せるのでとても便利でした。
この愛人は25才主婦なのですが、これがまたエロいんです。
夏の暑い日はシャワーを浴びにその愛人たくに営業途中で立ち寄ったりします。
ちょっと暑いからシャワー貸して、なんてメールしてから愛人宅へ行くのですが、シャワー浴びる前に、汗をかいて臭い私の一物を玄関で即尺してくれます。
玄関でたっぷりと愛人の口の中に濁りきったどろっどろのザーメンを口内発射です。
飲む時のごくって音が玄関に響くのがたまりません。
そのままエプロンだけ残して裸にします。
人妻愛人の裸エプロンです。
立ったまま腰を曲げさせて地面に手を突かせます。
このまま一気に後ろからつきます。
玄関でそんな大きい声も出せないので、出したい声を我慢する声が突くたんびに漏れてきます。
そのたんびに私の興奮も上昇し、より息子が堅くなります。
それを膣全体で感じるのか、彼女の締まり、愛液がとんでもないことになります。
玄関じゅうに獣臭、汗やら愛液やらの臭いが充満するころ、私は発射しそうになるので、出るぞ、というと彼女はこっちを向いてしゃがんで顔を上げて口を大きく開いて下を出します。
私は愛液をローション代わりにテコキをしながら彼女の口に発射します。
たまに彼女の口に収まりきらなかったザーメンが部屋のいろんな所に飛び散るのですが、旦那はそれを知っているのでしょうか。
時間がないとやるだけやってシャワーも浴びずに次の営業先に行ったりもしますが、出会い系で見つけた人妻愛人、これからも関係は続きそうです。
取りあえずはばれるまで継続するつもりです。

40歳既婚男性会社員のJメール体験

私が結婚してから10年、子供にも恵まれ、妻と3人で幸せな毎日を送ってます。
しかし子供を産んでから太ってしまった妻とのセックスはごぶさたになってしまい、性的欲求を満たすためにセフレを探したいと考えました。

そこでインターネットを見てみつけたサイトがJメールです。
私はJメールでセフレを見つける目的でしたので、軽い気持ちで何人かの女性にアタックし、数日後にある一人の23歳の女性と話が合う様になりました。
相手も私と同じようにセフレを求めてJメールを選んだとのことで気が合い、では実際に会おうとなりました。

近所の駅前で待ち合わせ、私の車に彼女を乗せ、早速ホテルに向かいました。見た目も私好みの、目が大きく、可愛い系の顔です。
23歳といいますが、見た目もっと若いのではと思ってしまうほど童顔です。

ホテルに着き、5分ほど話をしてから、お互いに照れながらキス。
私はセフレとのセックスが実は初めてですが、彼女も同じく初めてとのこと。
彼氏はいるが、割り切れる相手が欲しかったとのこと。
最初は軽いキスから始まり、お互い少しずつ興奮が高まり、だんだん激しいキス。
そして彼女の服を脱がせ、やさしく愛撫していきました。

それからもキスと同じく最初はやさしく、だんだん激しさが増してきて、彼女も大胆なポーズを取る様になってきました。
1時間余りの時間お互いの体を求め合い、結ばれた後、二人でベットの中で顔を近づけ、囁きながらいろんな話をしました。
私は彼女とのプレイがすごく気にいったので、また会いたいと言ったところ、彼女も同じ気持ちとのこと。
最後にまた激しいキスを5分ほど繰り返し、また来週の同じ時間に会う約束をし、別れました。

彼女に満足した私は気を良くして、できればもう一人別のタイプの女性ともセフレになりたいと思い、Jメールをまた見ました。
何人かの中から気の合う女性32歳を見つけ、また同じ場所で待ち合わせし、この間とは違うホテルで楽しみました。
彼女は先日のとはタイプが違って、かわいいというより美人タイプです。
違うタイプの2人の女性とセフレになることができ、Jメールに感謝している今日この頃です。

35歳独身男性会社員のワクワクメール体験

仕事柄忙しい時期と暇な時期がものすごく差が激しいです。
繁忙期を過ぎれば出勤するものの、机の前にぼけーっと座っているばっかりで、何もやることのない日もあります。
これではもったいないので、出会いを探そうと思ってネットサーフィンします。
そこで見つけたのはワクワクメールです。

ワクワクメールの検索の特徴でしょうか、今からあそぼ項目があります。
取りあえずあと30分で終業なので、今からあそぼ項目で検索します。
するとその中に、19歳今駅、という登録の子を見つけました。
神待ちの匂いがします。
取りあえずメッセージを送ります。
もう会社終わるから、駅のそばの喫茶店でコーヒー飲んでて、目印はそのお店の俺の空という漫画を読むこととアイスコーヒー、でもアイスコーヒーは口をつけない事、というメッセージを送りました。
分かった、絶対来てね、お金無いから喫茶店で無銭飲食になるから、という事で、仕事終わりで駅前の喫茶店に行きます。

喫茶店に着いたら、ちょっと小柄の、歌手のYUKIに似た子が俺の空を読んでいます。
テーブルにはアイスコ-ヒーがあるので、向かいに腰掛けて、神待ちって問いかけると、神待ちって言い返してきました。
取りあえず二人ともお腹が空いているので、ナポリタンを2つ頼んでお腹を膨らましたます。

どうも初めての神待ちみたいで、最近同棲していた彼氏と別れたらしく、実家に帰るのも面倒で、仕事もだるくて行きたくないから今夜遊んでくれる人を探していたらしいです。
じゃぁ家来るか、という事になり、しばらく一緒に生活をしました。
とりあえず毎日やりまくりました。
二ヶ月ぐらい一緒に生活をしたけれども、どうやら親御さんから連絡があったらしく、新幹線の切符送るから帰ってこいと言うことで、さよならパーティーをして別れました。
ひょんなことから神待ち娘を見つけたのですが、なんだかココロに隙間ができました。